合気道で必要なもの

合気道着

 

現時点で柔道着、空手着など何か道着を持っていれば、それを使って頂いて構わないです。もしなければ合気道着を購入して下さい

 

合気道着の特徴

① 上は厚手

合気道の技は、手首を持って技をかけたりするほか、袖や襟を取って行う技もあります。

 

旭川合気道会では、それ程激しく動いたり、強い力を入れたりもしないため、道着が破れることは余りありませんが、空手着は薄いため、破れたりすることがあります。

 

そのため合気道着は、柔道着のように少し厚手になっています。

 

ただ柔道着のように生地が厚くなると、動きにくかったり、洗濯しても乾きにくいため、厚過ぎないものや、空手着などで厚手のものを好んで使う人もいます。

 

②膝の補強

合気道は、座って技を行う座り技、また正座から膝を動かして移動する膝行と呼ばれるものものがあるため、膝が破れやすくなり、そのため合気道着は、膝の部分に補強があり、破れにくくなっています。

 

空手着には膝の補強は無く、柔道着は多少ありますが、合気道程膝を擦ったりしない為、合気道着まで補強されていません。

 

サイズに関して

合気道着は、インターネットで購入できます。その際身長などサイズを選べるようになっていると思うので、基本的にそれで問題ありませんが、道着は洗濯すると縮むので、一応覚えておいて下さい。

また手首を持ったり、袴を履いたりもするので、多少袖が短くても問題ありません。

 

必要なものは道着だけ

 

旭川合気道会で必要なものは、取り敢えず合気道着だけで、後はいりません。そのため最初に一式変え揃える必要などないので、とても初めやすいと思います。後は飲み物やタオルなどがあると、便利だと思います。

 

こちらの記事もお読みください。

・旭川合気道会に初めて来る方へ
・稽古の流れと合気道の技
・合気道を続けるコツ
・稽古の流れと合気道の技
・子供に合気道を習わせようと考えている方へ
・初心者のためのコツのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です