合気道だと思ったら別な武道であることも

合気道を創られた方は、植芝盛平という方です。

 

その植芝盛平という方は、起倒流柔術や新陰流剣術など色々な武道を行っていましたが、合気道を創める前は、大東流合気柔術を教えていた武田惣角という方に習い、合気道はその影響を大きく受けています。

 

大東流合気柔術は今でも行われていますが、合気道ほど名前が知られていません。

 

また武田惣角が亡くなってから、大東流合気柔術も色々別れていき、大東流合気柔術の名前が、商標登録をされたこともあるため、大東流合気柔術と名乗れない事もあって、合気武道のような名前で行っている所もあるのですが、その中で、合気道と名乗って行っている所もあります。

 

大東流合気柔術が悪いという事ではありませんが、大東流合気柔術を行っている人でも、合気道との区別がよく分かっていない人もいたり、合気道だと思って始めたのが、大東流合気柔術だったという事があるので、もしこれから合気道を始めたいと考えている方は、ご注意ください。

 

特に合気武道となっていたら、合気道ではありません。

 

また創始者は誰ですかと聞いて、植芝盛平でなければ、合気道ではありません。

 

ヨガをやりたくて入ったら、実は宗教のサークルだったみたいな話ですが、合気道の開祖は植芝盛平です。

 

円の動きや流れるような動きが特徴で、相手を倒す、争うのではなく、愛の武道であり、和合の武道である。そうしたものを目指しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です