稽古の流れと合気道の技

合気道の稽古の流れ

 

1、準備運動

体を解したりします

2、先生がお手本を見せる

先生がこれから行う技のお手本を見せて、説明します。

 

3、その技を稽古

主に二人一組になって、その技を稽古します。
大体左右二回ずつ行って交代。

 

4、2と3を繰り返す

 

合気道の技

合気道で行う基本技は、一教、ニ教、三教、四教、五教、四方投げ、入身投げ、小手返し、回転投げ、天地投げ、呼吸投げで、技の数自体は多くありません。

 

それらの技を

手取り(片手持ち、両手持ち、諸手取り、交差取り)、袖取り(胸取り、肩取り、後襟取り)、正面打ち、横面打ち、突き、後ろ取り、座り技、表技、裏技というように、基本の技にバリエーションをつけて行います。

 

そうした稽古を積んで行くと、技の数は無限に生まれてきます。

 

合気道の鍛錬

 

合気道の鍛練法は、ウエイトトレーニングを行うなど、一般的に行われる筋力トレーニングとは違うもので、ウエイトトレーニングなどでは鍛えにくい、合気道で使う筋肉を鍛え、合気道の体になっていく必要があります。

 

一般によく行われているものでは、呼吸法、船漕ぎ運動、手首鍛練法と呼ばれているものがあり、そうしたことを行って、合気道の体を作って行きます。

 

合気道の受け

 

技をかける人を仕手、技を受ける人を受けと言いますが、合気道の受けは何が何でも耐えるものではなく、技を理解して、それに沿った受けを取ることが重要です。

 

その流れや力の出し方を分からず、ただ耐える、ただ突っ立っているという受けの取り方では、意味がありません。

 

こちらの記事もお読みください。

・旭川合気道会に初めて来る方へ
・合気道で必要なもの
・稽古の流れと合気道の技
・合気道を続けるコツ
・子供に合気道を習わせようと考えている方へ
・初心者のためのコツのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です