旭川合気道会に初めて来る方へ

見学、体験に関するご注意

 

・事前にお問い合わせにてご連絡ください。

 

・きつい激しい稽古や、相手を痛めつけるような稽古は行っていませんが、稽古は毎回同じではないため、その日だけがいつもと違うこともあります。

 

・経験者を投げたりするようなことはありますが、それは経験者だからで、初心者の人には行いませんのでご安心ください。

 

体験、参加に関するご注意

・経験者と比べない

経験者の人は1年2年と長くやっている分、スムーズに動くことが出来ます。しかしそれは経験を積んだからであって、最初は皆、おぼつかない動きをしていました。そのため動けない事は全く恥ずかしいことではないので、経験者と比べないようにして下さい。

 

・気長に行う

合気道はスポーツや格闘技などとは違い、慣れるまでは色々と分かりにくい所があるので、1回2回で理解しようとせず、数年かけて理解するような感じで取り組むといいです。そのため結果を求めず、気長に出来る人に、合気道は向いています。

 

合気道のマナー

 

・爪を切っておく

爪がはがれたり、相手に引っかけたりしては危ないので、爪は切っておきましょう。

 

・化粧を落とす

化粧をしていると、相手の道着に化粧が付きます。洗っても落ちにくいので、相手に迷惑をかけないようにしましょう。

 

・道着はきれいに

道着はきれいに洗って、きれいに畳んでおきましょう。

・着替えはコンパクトに

着替えたものは、散かさないようにし、コンパクトにまとめておきましょう。

 

・礼

道場に入る時、出る時道場に礼をします。また一緒に稽古する相手が自分の先生になるので、始める時、終わった時に礼をします。

 

・座って見る

基本的に先生がお手本を見せる場合には、座って姿勢を正して見ます。立って見るよりも、座って姿勢を正して見た方が、よくわかります。

 

初心者の心構え

・見て覚える

今の時代は1~10まで丁寧に教える時代ですが、そうすると自分では何も出来なくなります。武道では見取り稽古と言われていますが、見ることが稽古で、出来るだけ見て覚えていくようにしましょう。

・慌てずゆっくり行う

技をかけるにしても、受け身を取るにしても、決してスピードを付けずゆっくり行う。初めから早くしようとすると、上手く出来ません。ゆっくり行って、何となく要領が分かって来てから、スムーズに動く様にしていけばいいです。

 

・考え過ぎない

考え過ぎたり完璧にやろうとすると、体は動かなくなります。間違いを余り気にせず、まずはゆっくり体を動かしてみて下さい。

 

・相手を怪我させない

相手を無視して、自分勝手に体を動かしたり、急にスピードをつけて動かすことは、相手を怪我させる原因になります。相手をいたわる気持ちを持って、ゆっくり動くようにして下さい。

 

・スピードを付けない

スピードを付けて行うものは、一見出来ているようですが、それはただの誤魔化しで力む原因です。太極拳の様にゆっくり動くことが出来て、速く動けるようになります。

 

・積極的に

稽古は通常ペアになって行いますが、その際に初心者は誰かが声をかけてくれるのを、その場で待っていがちです。出来るだけ自分から積極的に行くようにしましょう。

こちらの記事もお読みください。

・合気道で必要なもの
・稽古の流れと合気道の技
・合気道を続けるコツ
・稽古の流れと合気道の技
・子供に合気道を習わせようと考えている方へ
・初心者のためのコツのコツ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です